ホーム »  黒部峡谷マニアックス »  宇奈月温泉は黒薙温泉?

黒部峡谷マニアックス

宇奈月温泉は黒薙温泉?

宇奈月温泉駅前の温泉噴水。このお湯も黒薙温泉が源泉。

黒薙温泉の源泉。

 収容人員3,500名をほこる、富山県随一の温泉郷「宇奈月温泉」。豊富な湯量でよく温まることから神経痛や筋肉痛などによく効くとされています。 この宇奈月温泉、実は黒薙温泉が源泉で、宇奈月温泉の湯は全て黒薙温泉から引湯管で引かれたものってご存知でしたか?
古くから黒部峡谷には数多くの温泉があることが知られていました。やがて大正時代には黒部川の電源開発が進み、それに伴い大正12年は黒薙から宇奈月まで約7kmの引湯に成功しました。 現在でも、毎分2,000リットルの豊富で良質なお湯が、宇奈月温泉の全ての湯量をまかなっています。
このお湯は無色透明で肌にやさしいアルカリ性単純泉。宇奈月温泉で楽しむもよし、黒薙温泉で楽しむもよし、どうぞゆったりとおくつろぎください。